FC2ブログ
2007年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2007.12.21 (Fri)

京都散策冬の巻・猫編








さて!京都旅行で出会った猫さん達です。

東寺で「あ!にゃんこ!」と、カメラを向けた途端、トテトテトテ・・とやって来て、ばばのスニーカーの上に乗っかる茶トラさん。おおー、なつこい!!でも近すぎてうまく撮れないんですけどー。

嵐山では「森のトラ」さんにお会いしました。「岸壁のシールポイント」さんと共にまるで一対の掛け軸みたいですねー。なかなかの風格です。

以前に何度か京ばばさんが紹介してくれた「綿の国星公園(勝手に命名)」にも連れていって頂き、「おまんじゅちゃん」にもお会い出来ました。決め!のポーズで、すでにモデル猫のようです。
京都の猫さんたちは皆さん個性的でフレンドリーで可愛いいです。

が!なんといっても!
京ばば様のお嬢さん、「トコちゃん」!!
みよ!このフカフカ感!触らせてもらうと、物凄く気持ちいいのです!
で、ひっくり返ってキレイな青いお目で「にゃに?」なんて見上げられた日にはもう~♪!!
・・・・マジ、蕩けてしまいます。
恐ろしき、古都のネコ! まさに「魔性のオ・ン・ナ」!!

スポンサーサイト



23:22  |  過去日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.12.20 (Thu)

京都散策冬の巻・お料理編






こんばんわんこ、蝦夷ばばです。
さて、今回は京都・お料理編です、したっけ(ほっかいどー弁で「じゃあ」の意。)、行ってみよ~!!

まずは、本ブログで京ばば様が「おいしかった!」って書いてらしたお漬物の美味しいお店に連れて行ってもらいました。お店は、中京区姉小路堺町の「御すぐき處 なり田」さん。
ここでお豆腐、ローストビーフ、大根のゆず風味などの豪華ランチコースを頂きました。

いやあ、流石は京都ですよー!見て!この美しいお漬物たち!!
その色の配置といい、切り方といい、実にキュート!です。
で、お漬物も他のお料理も上品で香りが良くて、デザートのシフォンケーキもお抹茶もぜーんぶ美味しかったのですが、ご飯のお供に出されたゆず風味のジャコ!!!
これが絶品でございます!!思わずお土産に買って帰りましたよー。

んで翌日。
こちらも京ばばさんがお仕事で行かれて、お気に入りになったお豆腐料理のお店に連れて行って頂きました。
お店は嵐山の「松籟庵(しょうらいあん)」さん。 渡月橋手前で、桂川沿いに歩いていきます。
お天気の中、お茶屋さんの店先で「のび~っ」とするにゃんこを眺めつつ、ズンズンとさらに歩いていくと、行止りになります。で、その横にある石段を「どっこいしょー(ソーラン節)!」と掛け声を出しつつ登っていくと、川沿いに一部がせり出した、隠れ家のような古民家が見えてきます。
「うわぁ~!すてきぃ!!」。ほっかいどー育ちのばばは、この風景で既に感動です。

で、お料理!!こちらもキレイで可愛いのです。
ケータイカメラだと限界があって、良く見えないのですが、お豆腐の雪だるま、ごぼうとお野菜の囲炉裏と、物凄く凝った盛り付けです。
もちろんお味も絶品です!!お豆腐は、もう、いつも食べているものとは種族が(?)違います。
ゴマ豆腐はお餅のようなモチモチ感でほのかに甘くて美味しい! 湯豆腐はもう、プリン!!
口の中で、砕けた瞬間、溶けちゃうのおおお!!「うわ♪!なにこれえー?!!」です。
お部屋も、みよ!!最高のロケーションです。ここに泊まりたいです!!

帰りに京ばばさまに買っていただいた桜餅&あんこ餅もすんごく美味しかったです。
「また食べに行こう!」と心に決めた古都のお料理たちじゃった。

21:40  |  過去日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.12.20 (Thu)

京都散策冬の巻・化野念仏寺編





こんばんにゃ、蝦夷ばばです。

さて、先週末、京都に行って参りました。
流石に紅葉の盛りは過ぎておりましたが、残った枯葉にピンクの葉っぱ達もなかなかのものです。
で、ずーっと心引かれておりました嵐山の化野念仏寺へGO!。
ほら、夏に、沢山の石のお墓にろうそく供えた画像をパンプとかTVでよく見る、あそこです。
霊感が強い人はダメらしのですが、ばばは、どーゆー訳か、お墓は心が安らぐのじゃ。ばばだから?

さて、京ばば様に教えて頂いた嵐電(らんでん、と読むそうな。本名「京福電気鉄道」)に乗って出発です。
この嵐電、嵐山・嵯峨野散策にはかなり便利!広隆寺はじめ、色んな名所に止まります。
時間があれば、1日乗車券を買うとよろし。

嵐電嵐山駅駅に着き、清涼寺経由で40分位、歩きます(結構な距離なのですが、風景を楽しみながらなので、意外と平気で歩けちゃいましたよー)。
あまりに人がいないので、「・・・道、まちがったかな?」と不安になりましたが何とか到着。
おおお!!素敵っ!!この、しん。とした佇まい。
静かに眠る遥か昔の魂、枯葉のお布団をまとったお地蔵様、すんなりと伸びた竹の路。
いやあ~。ホントにいい所です。冬はちっと寒いけど、人が少ないしね。お勧めですよー。
(但し霊感体質者除く。)

00:13  |  過去日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.12.16 (Sun)

ベイクドチーズケーキ


お友達に差し上げた所、リクエストを頂いたので調子に乗ってチーズケーキレシピ公開させて頂きます。

★材料
①クリームチーズ(常温で柔らかくしておく)・・・1箱(レンジ・ラップして30秒位でも可)  
②小麦粉(振るっておく)・・・・・・・・・・・・30グラム  
③牛乳(軽く暖めておく)・・・・・・・・・・・・1/4カップ(レンジで30秒くらいかな?)
④砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・90グラム
⑤卵(Mサイズ・白身と黄身を分けておく)・・・・3個
⑥レモン汁・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ3(ポッカレモンを使うと簡単)
⑦ラム酒(無くてもいいけどー。)・・・・・・・・大さじ1(入れたほうが香りがいいよ♪)

★作り方
①「クリームチーズ」を泡立て器とか木べラで、♪ねっちょんねっちょん♪と練る。

②なめらかになったら、「暖めた牛乳」を少しずつ加えながら混ぜる。

③マヨネーズ状によーく混ざったら「砂糖を半分」投入、♪じょりじょり♪と混ぜる。

④♪じょりじょり♪感がなくなったら「卵の黄身」を投入、さらに混ぜる。

⑤全体が黄色になったら「小麦粉」を投入、粉っぽさが無くなるまで混ぜる。

⑥「レモン汁」を入れて混ぜ、さらに「ラム酒」を入れて混ぜる。

⑦新しいボウルに「卵の白身」を泡立てる。泡が立ってきたら「残りの砂糖を半分」投入。

⑧さらに泡立て、つやつやのキレイな白になってツノがたってきたら泡立て完了!

⑨「練ったクリームチーズのボウル」に「泡立て卵白」を1/3加え、軽く混ぜる。
「残りの卵白」を投入、ゴムベラなどで、いわゆる♪サックリ切るように♪混ぜる。

⑩上記がなめらかになったら「ケーキ型」に流し込み、「オーブン160℃で40分」焼く。
 金属製のケーキ型は紙をセットしておいてね。
※オーブンはナマイキにも個々のクセがあるのでその辺は調整をしてね。
 温度が低めになる低体温のコは「180℃で30分」くらいでいいかも。
(前使ってたコは上火が強かった。こーゆーコは、アルミホイル等で調教・・じゃない、調節を。)

材料は多少量が変わっても大丈夫です(私のは、レモンとラムが多めかな?)。
下準備から焼き上がりまで1時間で出来ます。
レンジと電動泡立て器を使えば、ケーキ類は意外と簡単に出来ますよ~。

19:09  |  づるづるクッキング  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)
 | HOME |