FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2019.08.04 (Sun)

「純米吟醸 五神(ごしん)」   奈良県 五條酒造株式会社

「純米吟醸 五神」 
 奈良県 五條酒造株式会社
201908 (4)
フェルトちゃん3号「これもお友達から頂いたのね?初めてのお酒ね。」
うん♪ハッブルさんが送って下さったお酒だよ~
201908 (3)201908 (2)

やーこれも個性的で、凄く美味しかった~!へ?どう個性的か、って?
わし好みの甘いフルーティ系で、微かに甘酒の上澄みっぽい香りがあるんですよ~!
濁り酒ではないんですが、濁り酒っぽい味・・・っていうのかな?
「サラッと美味しい」よりは「コクが美味しい」って言うのが分かりやすいかな?
まぁ味覚・嗅覚はヒトそれぞれなのでなんとも言えないですが・・・美味しいですっ♪(笑)

や~「風の森」といい、奈良県もフルーティ系の美味しいお酒が沢山あるのね~♪
なかなか北海道ではお目にかかれないのが残念。
まっ♪奈良に遊びに行った時に頂くのを楽しみにしょう~!

201908 (1)
「今日のアテはお茄子の揚げびたしね?」
うん。塩昆布をタレに入れたら色が濃くなっちゃった入れない方が色がキレイに仕上がるね~。
お茄子はじめ夏野菜は、秋冬は高くなるので今のうちに沢山頂こうと思います(笑)。

スポンサーサイト



22:56  |  日本酒日記  |  コメント(4)

2019.07.12 (Fri)

純米しぼり華 風の森

「純米しぼり華 風の森」 
 奈良県 油長酒造株式会社
20190704風の森 (3)
フェルトちゃん3号「あら、貞ちゃんの大好きな奈良のお酒ね。どうしたの?」
んふふふ~♪ 奈良のお友達のハッブルさんが送って下さったのよ~
「風の森」はわし好みのフルーティ系で、どのシリーズもとっても美味しいんです。
20190704風の森 (2)
「メロンの風味がするようです」とハッブルさんのお話のとおり、良い香りの微発泡のお酒です。
も・ね、舌の上で「プチプチシュワワ~」と爽やかで美味しくてたまら~ん♪。
高級メロンから絞ったジュースに和三盆を入れて発酵して天然ソーダを入れたら・・・こうなる訳はないね(笑)。でも文字にするとこんなイメージが近いかな~?

とにかく!爽やか・華やか+微かな酸味もあり、ベタ甘くない上品なフルーティ系の日本酒です。
20190704風の森 (1)
でね、なんと!「精米歩合65%」なんですよ!
一般に「お米を削るほどに香り高く綺麗なお味のお酒に」というイメージもありますが、65%でこの香り・このお味は凄いです!
生産数が極めて少ないお米「秋津穂」と、それに使われる「米麹」「お水」、そしてこちらの酒蔵さんに住んでいる酵母さん達が協力して出来るんでしょうね~。
や~美味しかった!・・・はい、もう美味しくてアッちゅ~まですわ(笑)。

今回のアテは「お揚げ大根炊き」です。これも好物~!
上品な香り・甘みのお酒なので、アッサリ系のアテの方が良いかな~と思ったの。

それと!この硝子のお銚子ですが、口がすぼまっているので「ガス」が抜けにくく、「微発泡」の日本酒には凄くいいですよ~!
まぁ微発泡の日本酒は数日置いて「ガスが抜けた後の甘味」も魅力ですが、数日置けないなのじゃった(笑)。

14:36  |  日本酒日記  |  コメント(4)

2019.06.26 (Wed)

純米吟醸 まねきつね

「純米吟醸 まねきつね」 
 京都府 玉乃光酒造株式会社 
750ml 1,200円前後まねきつね1
ジャケ買いです(笑)。可愛かったんだも~ん。
20190626まねきつね
「伏見のお酒でキツネちゃんとなれば、アテは油揚げかな~?」と言う事で、お揚げと水菜の煮ものういずパスタ(笑)。
「何故、パスタ?」って?
おうどんで「きつねうどん風アテ」にしようと思ったらね~うどんを切らしていたのだよ
20190626まねきつね3
大手メーカーなので激安スーパーでも取り扱っていました。よって価格が少々違うね~。
お味はスタンダードな「お米のお酒」です。
今流行りの「フルーティ系」ではありませんが、「昔ながらのお酒」を濾過したカンジ?
雑味が少なく、キレイなお味。お料理と一緒に楽しむお酒ですね。

でね、「・・・・お米と相性良いな~」と思い、「海苔の着いたおせんべい」と頂いたらね、
コレがアナタ!なかなか合うんですわ~!
「赤ワインにチョコレート・焼きリンゴ」「白ワインにフルーツ」がスタンダードですが、デザートやちょこっと飲みたいな~のお酒タイムに「お米のお味の日本酒に海苔せんべい」も良いかも~♪
23:59  |  日本酒日記  |  コメント(10)

2019.06.05 (Wed)

無濾過 特別純米 翠玉

「無濾過 特別純米 翠玉(すいぎょく)」 
   秋田県 両関酒造株式会社
201906翠玉
フェルトちゃん3号「あら、名前と同じ瓶の色もいいわね」 だしょ?
日本酒日記第2弾は前回と同じく、お友達のusainu様から頂いたお酒です。
201906翠玉1
こちらもわし好みの「フルーティな香りのお酒」ではあるのですが、何より「濃いっ」。
「旨味い」です!「美味い」より「旨い!」なお味!う~ん、伝えるの難しい(笑)。
201906翠玉2
実際には「粘度」はそうないんですが、舌の上で「とろみ」を感じる・・っていうか、
お料理なら「あんかけソース」。ん?ますます分からん?(笑)。
んん~・・・あ!あれだ!ビールで言うところの「コク」っていうのが近い表現かもっ♪
そう!「発泡酒」でなく、「お高めビールを飲んだ時のコク」。

生酒らしい甘さ・コクがあるのですが、香りもふんわりなので、これも大好きなお味。
usainu様、ありがとー!

201906翠玉 北一硝子
「あ!コレは先月、小樽の北一硝子で買ったお銚子ね?丸くて可愛いわねー」 でしょ?
小さめの硝子のを捜していたのですが、厚み・重さも丁度いいし、注ぎ口もちゃんとしているし、手で持った感じもしっくり来たのだよ。もちろん耐熱ガラスです。
北一硝子のアウトレット館で1600円♪。色違いでもう1個欲しいなぁ~♪

・・・最近、体調も落ち着いているせいか「欲しいモノ」も出てきたみたい(笑)。
ガンが再発してからは殆ど「日用品・食糧・消耗品」とかの「消えモノ」以外は買わないようになっていたからねぇ
無職の無駄遣いは勿論厳禁!だけれど、これくらいはいいよねっ♪

18:40  |  日本酒日記  |  コメント(8)

2019.05.01 (Wed)

「竹島榮三郎 越神楽 生酒」

20190501まねき
づるづる2号「わ~桜満開~」
ごとこ「ベランダからでもお花見できるのね」
居間から桜を眺める「まねき~ず」の図(笑)。そだねーあんたたちは、このお部屋での春は初めてだもんね。

と・いう事で(←どういう事だ(*^_^*))令和最初の投稿は新カテゴリー「日本酒日記」から始まるよ~(笑)。
へ?なんで、って?・・・ほれ、お祝い、お祝い。お祝いにはお神酒が必須でしょ?

「竹島榮三郎 越神楽 生酒」 
   滋賀県 笑四季酒造株式会社

20190501 (2)
20190501 (1)
20190501 (3)
お友達のusainus様がわしの好みをお店の方と相談してセレクト、引越し祝いに下さったお酒です♪

やーこれ、超フルーティ!美味しい~
「ゆっくり大事に頂こ♪」と思っていたのに、ちびりちびりと、アッちゅーまに飲んでもうたあああ~だって美味し過ぎるんだものー

フルーティ系のお酒は大好きで何種か飲みましたが、これは甘味が強めで、アルコール感もちゃんとあるのですが、その「酒感」っていうのかな?が、すんごいソフトでスイスイ飲んじゃう~(笑)。
香りはメロン+林檎みたいに感じました。やー絶品でした。usainu様、ありがとおおお~

あ・お酒のサカナは「きゃべつと胡瓜の塩昆布の浅漬けういずカニカマ」です。
カニカマと昆布の風味が相まってかなり「磯臭さ」がでます♪
漁村育ちのわしは好きな味なのですが、磯の香りが強すぎると感じる方は胡麻油をかけると美味しく頂けますよ~!

日本酒はただ単に「美味しくて好き!」なので、専門知識はなんもないのですが、色々な味・香りが多くて比べるのが楽しいです。
なんで♪ちょこちょこ記事を書いていきますね!良かったら見てね~!

23:47  |  日本酒日記  |  コメント(10)
 | HOME |