FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2019.11.24 (Sun)

人工股関節手術後約26カ月 現在の股関節の稼働域

さて、久々に現在の状況など。
筋トレは術後半年までは足首ウエイトなし。
半年~1年半は500g。
1年半~現在、ようやく1kg・・・ホントはね~ドクターは2kg推奨なのよね~(笑)。
だってさー、1kg越えると、痛いのは仕方ないとしてさー、上がらないんだもん(汗)。
自覚はあったけれど、どんだけ自分、筋力がないんだろうねー?
でも・ま♪疾走と電気風呂は響いて痛いけれど、ばーさん小走りはできるし、生活はまーったく問題ありません。

まーそんな感じですが、関節の稼働域は(ほぼ)毎日の「なんちゃって筋トレ&ストレッチ」で大夫良くなりましたよー。
「2年でこれくらいになりました」の御参考にと、恥も外聞も無く(笑)お婆のトレーニング姿を載せちゃうよ~!
「んなもん、みたくないわい!」の方は回避~!(笑)













201910稼働域 (1)
寝っ転がっての術脚横上げ、手のサポート付き。今のところ、ここまでは痛くも無く上がります。
201910稼働域 (3)
未術脚側への開脚ストレッチ。
201910稼働域 (4)
術脚側とはまだ差がありますね~。
固くなっている股関節回りの筋トレとストレッチをもう少しやってみようと思います。
201910稼働域 (2)
壁に手をついてのY字バランス。上げているほうが術脚です。
趣味でダンスする分にはこのくらい上がれば問題ないと思います。

まー亀にも失礼なゆっくりの歩みですが(笑)フツーのオバサンくらいには動けるようになりましたよ~♪
もちろん、術後半年で卓球やバレーの試合に出ている方とか、バレエの先生とかスキーのインストラクターに復帰した方とかも結構いらっしゃいますが(凄いよね!)、ま~回復がどんなに遅くても、焦らず諦めず、毎日少しづつやっていくのが良いのかな~と思います
スポンサーサイト



18:47  |  人工股関節への道  |  コメント(6)

2019.10.14 (Mon)

情報収集7 人工股関節・前方侵入と後方侵入

さて!今回は手術の切り方(って書くとお料理みたいね)について書いてみますね~!

まず、名前の通り、前方は前から、後方は後ろから切ります。
(後方といっても現在、実際には切り口は側面です。)
斜めきり・直線・ちとカーブは、お医者さまによって違ってきますね。

で!そいでどう違うのか?
術後すぐの動きの注意事項と動作の回復の早さが違います。
あ・注意事項は病院により指導方法が結構違うので一概に言えません。
回復の仕方も早さも個人差がありますもんね。
一般的な「術脚は内側に入らないように」等の注意事項はwebに各医療機関がたくさん掲載されているのでそちらをご覧頂くとして。

私が実際に見て感じた部分を書きだしますよ~。
(私が手術を受けた病院では「前方侵入」と「後方侵入」のドクターがいらしたのでリハビリ室でその違いを見る事が出来たんですよ~ええ、患者同士の情報交換もバッチリ
※但し!あくまで「私が実際に見て感じた」ものです。ご了承くださいませ。

・前方侵入=前屈の回復が早い。
 靴下を履く・物を拾う・爪を切る・お掃除をする等の動作の回復が早いように感じました。
 但し、歩行はゆっくり目かな?術後すぐは脚は1ミリもあがりませんでしたあ(笑)。

・後方侵入=歩行の回復が早い。 
 前方に比べて足を上げられるのが早く見えました。歩く速度も前方より速かったです。
 前かがみの動作の回復はゆっくり目かな?座る時のお尻の痛みは前方に比べると少し長いかな?。

でも、どちらもキチンと人工股関節が設置され、キチンとリハビリ&トレーニングをすれば全然問題ないです。着地点は同じに見えます。
なのでどちらが良いとは一概に言えないですね。

「自分はどんな動作が多いのか。どちらの動作の回復が自分に有利か。」で考えるのがいいかな?と思います。

さて本日、また北海道知事公館をお散歩して来ました。
19880.jpg
すこ~し紅葉が始まっています。彫刻は「安田 侃」氏の作品です。
本格的紅葉は来週あたりかな?
足も絶好調だしっ♪紅葉のお山ハイキングもしたいなあ~♪
17:32  |  人工股関節への道  |  コメント(4)

2019.10.11 (Fri)

情報収集6 人工股関節・ナビゲーションシステム

や~増えましたね!ナビゲーションシステム導入の病院。

以前は「先進医療」として珍しかったようで、メディアによく取り上げられていたっけね。
今や「保険診療」で受けられる手術ですもん。
は~長生きはするもんだ(笑)はい、ありがたくその恩恵にあずかった一人です。

「へ?ナビ?なんじゃそら?」って?
では、またまたざっくり書きだしますね。これは車のナビゲーションと同じく、
画像で「目的地(患部)まで正確に誘導する」システムです。
「人工股関節 ナビゲーション」で検索すると、各医療機関がとても分かりやすい写真付きの説明を掲載していますし、youtubeには動画も上がっています。

人工股関節手術は切り口から足の骨を外して股関節を切り出し、人工股関節を打ちこむ訳ですが、ここで「ガバーッ」と切り目を入れれば作業しやすいですが、患者は手術後の回復が大変です。
骨は新品でも筋肉が傷ついたらやっぱり痛くて歩けないもんね(汗)。
なので昔は入院期間2,3カ月が普通だったんですね~。

切り口が小さければ患者は術後、早く回復しますが、執刀医は中は見えないし、そりゃ大変さ~!
そこであらかじめCTで3Dデータ(「地図」にあたります)を作り、それをもとに筋肉をできるだけ傷付けないように、その間をぬって股関節に到達して作業する訳です。

で、これはかなり「人工股関節を正確に設置できる」と言っていいかと。
保険適用にもなったし、その安全性と効果は認められているって事ですね。
あと、お医者さまにもよりますが「手術時間の短縮・入院日数の短縮」もあるように感じます。
手術時間が短いと「麻酔の量」も少なくて済みますし、患者の負担も軽くなります。

(そりゃ~ナビを使おうがその通り削れないとダメだし、その前にデータ作成などコンピューターを使いこなせないとダメですよ?。
それにいくら手術が早くてもキチンと人工股関節が設置できなければ話にならないですしね。)

そんな訳で「ナビゲーション」と「MIS」はセットですが、ナビを使わなくても「MIS」を記載、評判の良い病院も有ります。
この辺は他の色んな条件とあわせて選ばれると良いかと~。

はい、次回いよいよ(?)「前方侵入・後方侵入の違い」にいってみまーす!

11371.jpg
ほい!これが知る人ぞ知る、ほっかいど~名物(?)「甘納豆のお赤飯」じゃ~!
最近は色とりどりのMIX甘納豆を使うのも流行っているみたい。
ごま塩と紅ショウガを添えるのが決まり(か?)です。

「え~?甘いご飯~?」
いやいや、これがまたイケるんだって。お試しを~!

15:31  |  人工股関節への道  |  コメント(6)

2019.10.09 (Wed)

情報収集5 人工股関節手術方法・MIS

さて!実践編です・・ちゃうて!(笑)
人工股関節手術方法について、私が情報収集したものを書いていきますね~。

まずはMIS(ざっくりいうと「ちっこい傷跡で済む」)手術について。
切り口は小さいに越したことはないですよね、治りも早いですし。

が!現在まで「何センチ以下ならMIS?」等の実作業(?)の定義は見た事がないです。
なので「へ?これで?当社比か~い?!言ったモン勝ちか~い?!」とツッコミを入れたくなる写真も見た・・・💦
今は患者さんがお写真を公開して下さるのでバレるって~の(笑)。
まぁ定義が無いから 虚偽ではないのか~?ふ~。
そのうちキチンと定義付けされると思いますけれどね。

医療技術・器具が進歩し、お医者様も上手になれば当然だんだん切り口も小さくなりますよね?
開腹手術経験者ですが、同じ手術でも私のお腹の傷と母親世代の傷とでは長さが全然違います。
(もちろん、体型や内臓位置も違うので一概には言えないですが)

極端な例えですがお裁縫や工作で考えると、上手な方は切りこみも縫い目・貼付け部分も目立たなくキレイに仕上げるし、不器用でも真面目に何度も練習すれば上手になります。
ちと生地や紙が弱かったり、多少失敗した場合も「補強すれば大丈夫」「こっちから縫えばOK」とか、フォロー方法も覚えます。
これが私が「手術件数の多い病院・お医者様」が良いと思う理由なんですよ~。
勿論、最初から素晴らしい才能をお持ちの方もいらっしゃいますよ~?

・・・あれ?MISから話題が逸れた(笑)失礼しました~。
ま!言いたいのは
明確な定義が無い現在、「MISと書かれている病院でも経験(手術件数)を積まれているか・患者さんの評判はどうか」の確認をした方が良いかと~。

また!ここ重要!
「再手術」「症状が難しい」場合はほぼMIS不可。
状態によっては筋膜以外に筋肉を切らないとならない場合も当然あります。
ほれ、「ドクターX」の大門先生も腸の癒着が多い場合は「腹穴鏡手術」から「開腹手術」に切り替えてたしね
レントゲン、CT、MRIと全て撮っても「開けてビックリ!」も有るのが手術です。
当然お医者様は出来るだけ患者さんに負担がかからないように切って下さる筈ですが、ね。

きっと近い将来は「MIS」といちいち説明しなくても良くなるんだろうな~なってくれ~!と祈っております。

次回、ナビゲーションについて記載しますね~。

19380.jpg
さて先日、父親のお見舞いの帰りにアイスクリーム屋さんによりました。
これは秋のフレーバー、カボチャとさつまいもです。甘すぎず薄すぎず、美味し!!
19381.jpg
ほっかいど~のアイス専門店は冬期間は休業になるところも少なくありません。 ここも冬期はお休みです。
いつからお休みなのかな?もう一回くらいきたいなあ~。
19382.jpg
国道5号線、丁度札幌と小樽の中間地点です。
ツーリング男子にも人気らしく、オッサン達も美味しそうに食べていました。
アイスはみんな大好きだもんね♪


15:25  |  人工股関節への道  |  コメント(6)

2019.10.04 (Fri)

情報収集4. 人工股関節・病院選びをざっくりと。

さて!痛さに切羽詰まって(笑)いよいよ病院探しです。
1回目の病院探しと、2回目の病院探し、そして温存治療で通っていた近所の整形外科のお医者様から得た情報を記録して行きます。

※近所のお医者様はお父様から引き継いだ小さな町医者さんですが、修行時代に人工股関節手術の助手をされていたのもあり、関節の痛みに関して詳しく、近所の評判はすこぶる宜しかったです。
また私が受けたMISナビゲーションシステムに関しても興味深深で(笑)、お互い股関節痛の色んな症状や病院の情報交換等(ここは膝が得意・股関節ならこの先生も良いよ、とか)をさせていただきました。

んなわけで~病院選び!まずはの場合の大まかな事を書いておきます。
勿論、「私はもう決めているの♪」な方は飛ばして下さいね♪

1.手術件数の多い病院(お医者様)・評判の良い病院
そりゃ~何でも回数を重ねると、よほど不真面目・不器用でない限り、だんだん上手になりますよね~自然、手術に関しての評判も良くなります。
追記:回数が多いといろんなパターンに遭遇していますから「万が一」の場合の対処法もノウハウがあると解釈していいと思います。

2.手術の種類
私の調べた限り、現在、
・MIS(Minimally Invasive Surgery=最小侵襲とか極小侵襲とか小切開手術とかの意味)手術かどうか。
切り口が小さい分、患者は回復が早いですが、お医者様は当然手術中は見えずらいですから難しくなります。
・前方侵入か後方侵入か。
どちらにも動きに関して回復が「早い」「遅い」部分があります。
(お医者さまによっては「やってはイケナイポーズ」を指導されることも有ります)
ご自身の生活スタイルで選ばれると良いかと~。
・ナビゲーションシステム(現在、簡易ナビゲーションも有り)使用かどうか。
これはMISと連動です。高額な機材なのでまだ導入されている所は少ないです。

以上に関しては、ち~と長くなるかも、なので個別にUPします。

3.何日仕事を休まないといけないか
ははは(笑)「なんすか?!」ですよね~でも会社員には結構切実。
ここでちょっと考えた方が良いのは入院日数と退院後のリハビリ通院の有無です。
入院日数が少なくてもリハビリ通院が多いとやっぱりお休みも多く取らざるを得なくなります。

4.通院の交通費(上記と連動して)
てへへ(笑)や~これも考えないと。
入院期間が短くても、リハビリ通院が何度もある病院も有ります。
どうにか歩いて行ける距離ならいいんですが、公共交通機関利用が何回もとなると辛いし、その都度タクシーはお財布にも辛いかも。
もちろん、送り迎えをして下さる方がいる・毎回タクシーを使う余裕があるなら問題ないです。

5.差額ベッド代はあるか・パジャマは病院指定されるか
ど~もセコくてすいません(笑)。
手術費用は(方法により多少の差はありますが)点数は決まっていますが、入院期間が長くなりそうなら、これも考えた方がいいかも。
完全個室はもちろん、少人数部屋で差額ベッド代が発生する病院もあります。
「病院指定のパジャマ使用」は常に清潔なのを着られて良いですが、これも入院期間が長いと辛いかも~?
この辺は病院のHPに記載されている所もありますし、直接病院に問い合わせてみてもいいかと。
これで「カンジわるい対応~」と思ったら「ここは合わない!」で良いかと
「快適な入院生活」も「病気の回復」には重要だと思うのよね~。

そしてまたまた最難関!!!
6.おひとりさまで手術可能か。
は~(ため息)。
がんの手術もそうでしたが、「身内の立会人が必要」の病院もあります。
まあ、命にかかわる可能性は少ないので「知人・友人可」の所も。
また、術後に「家族のサポートが必要」とHPに明記されている所もありました。
(この場合「一人暮らしの方は御相談下さい」とありましたけれどね)
この辺も「うう~む」と思ったら問い合わせをしちゃいましょう!・・・私はしたぞ(笑)。

「こんなに考えるの?」「え?これだけ?」ですよね~。
患者さんそれぞれの事情がありますからご自身で優先順位を決められるといいかと~。

さてさて。
股関節は絶好調な日々を楽しく過ごしているのですが、またまた「やっていないのにテニス肘」~!
けんしょうえん
かえるさん「も~お婆なんだからさ~」 てへへ。や~ホントだわねえ。

今年の春にキャリーケースを長時間曳いて発症。
夏はアイロンかけすぎ。
で~今回はちーと針仕事をしただけなのにこのザマです。
「でも~腕、使うんですぅ~」とお医者さまにいったら、注射に加えて筋を圧迫するサポーターを処方してくれました。
うん、だいぶマシです。
や~でもほんと参るよね~。
お針子さんってどうしているんだろう?私の針の持ち方が悪いのかなあ~???
13:54  |  人工股関節への道  |  コメント(4)
 | HOME |  NEXT